• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13号も空砲…チャンスに弱いハム中田のFA権は“猫に小判”

 そりゃ4番なんだから、たまにはホームランくらい打つだろう。

 13日、日本ハムの中田翔(28)が13号2ランをかっ飛ばした。試合には負けたものの、5打数2安打1本塁打2打点……と言えば、一見活躍したようには感じる。

 が、凡打した3打席はいずれも走者を置いた場面。しかも九回は1点ビハインドの2死二、三塁という逆転の絶好機で空振り三振。ゲームセットとなった。

 もちろん、4番だからといって、毎度毎度打てるわけではない。それは当たり前の話だが、中田の成績と「年俸2億8000万円の4番打者」という肩書が釣り合っていないのも事実だ。

 打率はリーグの規定打席到達者中、下から2番目の.213。13本塁打は15位。50打点も10位だ。得点圏打率にいたっては2割を切っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事