13号も空砲…チャンスに弱いハム中田のFA権は“猫に小判”

公開日:

 そりゃ4番なんだから、たまにはホームランくらい打つだろう。

 13日、日本ハムの中田翔(28)が13号2ランをかっ飛ばした。試合には負けたものの、5打数2安打1本塁打2打点……と言えば、一見活躍したようには感じる。

 が、凡打した3打席はいずれも走者を置いた場面。しかも九回は1点ビハインドの2死二、三塁という逆転の絶好機で空振り三振。ゲームセットとなった。

 もちろん、4番だからといって、毎度毎度打てるわけではない。それは当たり前の話だが、中田の成績と「年俸2億8000万円の4番打者」という肩書が釣り合っていないのも事実だ。

 打率はリーグの規定打席到達者中、下から2番目の.213。13本塁打は15位。50打点も10位だ。得点圏打率にいたっては2割を切っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る