• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハリケーン被害マーリンズにも 本拠球場でゲーム不可能か

 米東部フロリダ州を襲ったハリケーン「イルマ」が暗い影を落としそうだ。

 同州のマイアミ市を本拠地とするマーリンズは11日(日本時間12日)、「マーリンズパーク」の被災状況を明らかにし、デービッド・サイモン球団社長が「球場は水害による甚大なダメージを負っていない」との声明を発表した。

 もっとも、開閉式の屋根の一部などに損傷が見られるため、シーズン終了後、早急に改修工事に着手するという。

 マーリンズはイルマが上陸した10日は敵地アトランタに遠征中だった。12日からは敵地フィラデルフィアでのフィリーズとの3連戦が組まれ、本拠地マーリンズパークに戻るのは15日。ブルワーズ戦、メッツ戦のそれぞれ3連戦を控えているが、MLBとマーリンズは現時点では「予定通り、マーリンズパークで開催するかどうかは未定」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事