• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子テニスに異変 ナダルとフェデラー“2強時代”に逆戻り

 テニスといえば、数あるプロスポーツの中でもハードスケジュールで知られる。オフらしいオフといえば12月くらい。ほぼ一年中、トーナメントが組まれていて、試合を休めばランキングは下がる。

 例えば、右手首の故障で8月中旬から今季全休を発表した錦織圭(27)は、昨11日に発表された男子テニスの世界ランキングで10位から14位に後退した。

 そんな中、世界ランク1位を堅持したのは先の全米を制したナダル(31=スぺイン)。これまでの3位から2位に上がったのは全米8強のフェデラー(36=スイス)だった。今年の4つのグランドスラムのタイトルを分け合ったべテラン2人が、再び「2強時代」を築くことになった。

 彼らに続く世代のジョコビッチ(30)、マリー(30)、チリッチ(28)、ラオニッチ(26)、錦織らが、ハードスケジュールと生存競争の荒波にもまれて軒並みダウン。彼らが昨季、目の色を変えた反動もあって、ベテラン2人が再浮上したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る