• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子テニスに異変 ナダルとフェデラー“2強時代”に逆戻り

 テニスといえば、数あるプロスポーツの中でもハードスケジュールで知られる。オフらしいオフといえば12月くらい。ほぼ一年中、トーナメントが組まれていて、試合を休めばランキングは下がる。

 例えば、右手首の故障で8月中旬から今季全休を発表した錦織圭(27)は、昨11日に発表された男子テニスの世界ランキングで10位から14位に後退した。

 そんな中、世界ランク1位を堅持したのは先の全米を制したナダル(31=スぺイン)。これまでの3位から2位に上がったのは全米8強のフェデラー(36=スイス)だった。今年の4つのグランドスラムのタイトルを分け合ったべテラン2人が、再び「2強時代」を築くことになった。

 彼らに続く世代のジョコビッチ(30)、マリー(30)、チリッチ(28)、ラオニッチ(26)、錦織らが、ハードスケジュールと生存競争の荒波にもまれて軒並みダウン。彼らが昨季、目の色を変えた反動もあって、ベテラン2人が再浮上したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る