• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバルと一騎打ちか 内村航平の世界個人V7に“2つの壁”

 体操の世界選手権(10月2日開幕=カナダ・モントリオール)の公式練習が28日(日本時間29日)に行われ、日本は男女とも本番の会場で調整した。

 個人総合7連覇がかかるリオ五輪金メダルの内村航平(28)は本番で使用する器具の感触を入念に確かめた。

 個人総合決勝ではリオで最後まで接戦を演じた銀メダルのオレグ・ベルニャエフ(24=ウクライナ)がライバル。両者の一騎打ちも予想され、得点だけを比べると内村に分がありそうだが、実際はどうか。

 今季、個人総合の最高得点は内村の86.550に対し、ベルニャエフは85.699。内村が1点近く上回っているものの、これは今季から導入された新ルールへの日本と欧州の審判による認識の違いといわれる。

 シーズン当初は日本でもシビアなジャッジが下されたが、それ以上に欧州審判の採点は厳密だった。欧州の審判が2人の演技を採点し続けたならば、1点近い差はつかなかったとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る