ライバルと一騎打ちか 内村航平の世界個人V7に“2つの壁”

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権(10月2日開幕=カナダ・モントリオール)の公式練習が28日(日本時間29日)に行われ、日本は男女とも本番の会場で調整した。

 個人総合7連覇がかかるリオ五輪金メダルの内村航平(28)は本番で使用する器具の感触を入念に確かめた。

 個人総合決勝ではリオで最後まで接戦を演じた銀メダルのオレグ・ベルニャエフ(24=ウクライナ)がライバル。両者の一騎打ちも予想され、得点だけを比べると内村に分がありそうだが、実際はどうか。

 今季、個人総合の最高得点は内村の86.550に対し、ベルニャエフは85.699。内村が1点近く上回っているものの、これは今季から導入された新ルールへの日本と欧州の審判による認識の違いといわれる。

 シーズン当初は日本でもシビアなジャッジが下されたが、それ以上に欧州審判の採点は厳密だった。欧州の審判が2人の演技を採点し続けたならば、1点近い差はつかなかったとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る