吉田も輩出の名門蹴り 18歳・須崎優衣「早大入り」の勝算

公開日: 更新日:

 女子レスリング日本代表が12日、ワールドカップ(12月・ロシア)に向けた合宿を公開。

 同大会は国別対抗の団体戦で行われ、女子48キロ級には8月の世界選手権(パリ)で金メダルを獲得した須崎優衣(18=安部学院高3年)が代表入り。この日の練習では、来季から導入される新階級の50キロ級で最大のライバルとなる、リオ五輪金メダルの登坂絵莉(24)と実戦さながらのスパーリングで汗を流した。

 須崎は来春から早大に進学し、東京・北区のナショナルトレセン(NTC)を拠点に練習を重ね、東京五輪出場を目指す。

 女子の有力選手は、吉田沙保里伊調馨ら多くの金メダリストを輩出した至学館大学(愛知県大府市)に進むのが一般的。須崎は女子レスリングの名門の誘いを蹴って、あえて早大を選んだ理由を「東京五輪で金メダルを取るためには関東でやる方がいい。NTCにも近いし、ライバルとなる選手のことを考えたら、こっちの方がいいと考えました」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る