ドジャースが29年ぶりにWS進出 マエケンは5戦連続無失点

公開日:

 ドジャース・前田健太(29)が抜群の安定感で1988年以来29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した。

 19日(日本時間20日)、カブスとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に登板し、1回を無安打無失点と好投した。

 大量8点リードの七回、2番手でマウンドに上がった前田。第4戦で特大の一発を放った5番コントレラスを151キロの直球で空振り三振に仕留めると、続くラッセルを変化球で中飛に打ち取る。最後は今季23本塁打のバイエズを見逃し三振。これで今ポストシーズンは7日の地区シリーズのダイヤモンドバックス戦から5戦連続無安打無失点。レギュラーシーズン終盤に先発から配置転換されながらも完璧な仕事ぶりでドジャース投手陣を支えてきた。

 試合はドジャースが相手の先発左腕キンターナを早々と攻略。初回、ベイリンジャーの適時二塁打で先制すると、6番ヘルナンデスの2打席連続本塁打などで、三回までに7点を奪う大量リード。四回にはフォーサイスの二塁打などで2点を奪ってリードを広げた。

 先発のエース左腕カーショーは6回を3安打1失点。今ポストシーズン2勝目をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る