ドジャースが29年ぶりにWS進出 マエケンは5戦連続無失点

公開日:

 ドジャース・前田健太(29)が抜群の安定感で1988年以来29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した。

 19日(日本時間20日)、カブスとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に登板し、1回を無安打無失点と好投した。

 大量8点リードの七回、2番手でマウンドに上がった前田。第4戦で特大の一発を放った5番コントレラスを151キロの直球で空振り三振に仕留めると、続くラッセルを変化球で中飛に打ち取る。最後は今季23本塁打のバイエズを見逃し三振。これで今ポストシーズンは7日の地区シリーズのダイヤモンドバックス戦から5戦連続無安打無失点。レギュラーシーズン終盤に先発から配置転換されながらも完璧な仕事ぶりでドジャース投手陣を支えてきた。

 試合はドジャースが相手の先発左腕キンターナを早々と攻略。初回、ベイリンジャーの適時二塁打で先制すると、6番ヘルナンデスの2打席連続本塁打などで、三回までに7点を奪う大量リード。四回にはフォーサイスの二塁打などで2点を奪ってリードを広げた。

 先発のエース左腕カーショーは6回を3安打1失点。今ポストシーズン2勝目をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る