日本勢初の表彰台 岸彩乃の銀メダルは新採点基準の恩恵か

公開日:

 先のトランポリン世界選手権(ソフィア)で男女合わせて3個のメダルを獲得した日本代表が14日に帰国した。

 今大会は女子個人決勝で岸彩乃(25)が55.740点で銀メダルを獲得。同種目の日本勢では初めて表彰台に立った。

 決勝では強豪の中国勢2人がミスで自滅。敵失にも恵まれたと同時に、今季から導入された新しい採点システムも追い風となった。

 国際体操連盟はリオ五輪後、従来の採点基準であるTスコア(跳躍時間点)、Eスコア(演技点)、Dスコア(難度点)の他、着床の安定度を示すHスコアを追加。これはトランポリン中央に位置する正方形の部分への着床を得点化するもの。岸はHスコアで8人中トップの9.600点をマーク。高さがない致命的な跳躍を着床の安定感でカバーして表彰台につなげたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る