日本勢初の表彰台 岸彩乃の銀メダルは新採点基準の恩恵か

公開日: 更新日:

 先のトランポリン世界選手権(ソフィア)で男女合わせて3個のメダルを獲得した日本代表が14日に帰国した。

 今大会は女子個人決勝で岸彩乃(25)が55.740点で銀メダルを獲得。同種目の日本勢では初めて表彰台に立った。

 決勝では強豪の中国勢2人がミスで自滅。敵失にも恵まれたと同時に、今季から導入された新しい採点システムも追い風となった。

 国際体操連盟はリオ五輪後、従来の採点基準であるTスコア(跳躍時間点)、Eスコア(演技点)、Dスコア(難度点)の他、着床の安定度を示すHスコアを追加。これはトランポリン中央に位置する正方形の部分への着床を得点化するもの。岸はHスコアで8人中トップの9.600点をマーク。高さがない致命的な跳躍を着床の安定感でカバーして表彰台につなげたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る