大谷獲り交渉一番乗りはジャイアンツ 監督とMVP捕手同席

公開日: 更新日:

 二刀流の口説き落としにナ・リーグ西地区の名門球団が真っ先に動いた。

 大谷翔平(23)が最終候補に選んだとされる7球団のうちの一つであるサンフランシスコ・ジャイアンツが面談したと、NBCスポーツ・ベイエリアが4日(日本時間5日)に伝えている。

 記事によれば、大谷とジャイアンツは同日午後、ロサンゼルス市内で交渉。ジャイアンツは球団を挙げて誠意を示すためか、交渉にはラリー・ベアCEO(最高経営責任者)、ブライアン・セイビアン強化担当副社長、ボビー・エバンスGMらフロント陣の他、ブルース・ボウチー監督、12年のナ・リーグMVPでメジャーを代表する捕手の一人であるバスター・ポージーも同席したという。

 1日にNBCスポーツの取材に応じたボウチー監督は大谷を先発ローテーションに入れ、登板がない日は外野を守らせるという具体的な起用法を明言。同監督は「この男(大谷)は特別な存在だ」とし、「彼は先発投手が務まるし、年間300~400打席を見込める可能性がある。来季はスケジュールを見ながら、休養日を設けるだろう。それで、少しは彼の負担も減るはずだ」としている。

 なおMLB公式サイトによれば、今後はカブスとレンジャーズの2球団が交渉する予定だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る