大谷獲り交渉一番乗りはジャイアンツ 監督とMVP捕手同席

公開日: 更新日:

 二刀流の口説き落としにナ・リーグ西地区の名門球団が真っ先に動いた。

 大谷翔平(23)が最終候補に選んだとされる7球団のうちの一つであるサンフランシスコ・ジャイアンツが面談したと、NBCスポーツ・ベイエリアが4日(日本時間5日)に伝えている。

 記事によれば、大谷とジャイアンツは同日午後、ロサンゼルス市内で交渉。ジャイアンツは球団を挙げて誠意を示すためか、交渉にはラリー・ベアCEO(最高経営責任者)、ブライアン・セイビアン強化担当副社長、ボビー・エバンスGMらフロント陣の他、ブルース・ボウチー監督、12年のナ・リーグMVPでメジャーを代表する捕手の一人であるバスター・ポージーも同席したという。

 1日にNBCスポーツの取材に応じたボウチー監督は大谷を先発ローテーションに入れ、登板がない日は外野を守らせるという具体的な起用法を明言。同監督は「この男(大谷)は特別な存在だ」とし、「彼は先発投手が務まるし、年間300~400打席を見込める可能性がある。来季はスケジュールを見ながら、休養日を設けるだろう。それで、少しは彼の負担も減るはずだ」としている。

 なおMLB公式サイトによれば、今後はカブスとレンジャーズの2球団が交渉する予定だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る