“タメ”号砲でヒヤリ 金かかる女子パシュートにコーチ問題

公開日:

 ヒヤリとした。

 19日に行われた女子パシュート(団体追い抜き)の1回戦。

 号砲直後、先頭を走る高木美帆(23)が姉の菜那(25)からの「待って! 待って!」の叫び声にスピードを緩め、後ろを振り向いた。大きくタイムロスしながら、それでも日本はトップのオランダとは0秒48差の2位。準決勝にコマを進めた。

 原因は佐藤綾乃(21)が号砲までの“タメ”につまずいたことだった。試合後、佐藤は「スタートの長さというのを感じてしまって2、3歩抜けてしまった」と反省。速度を落とした高木美も「号令に合わせることができなかった」と振り返った。

 小平奈緒(31)の500メートルでも同じことがあった。小平が滑った14組だけ、他の13組までのレースより号砲が1秒遅かったのだ。フライングにつながる恐れがあるだけに、準決勝、決勝ではこの“タメ”がエスカレートしないかが懸念材料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る