スノボ女子ビッグエア決勝 藤森由香がメダルへ“大バクチ”

公開日:

 平昌名物の突風が予想され、日程が一日“前倒し”されたスノーボード女子ビッグエア決勝は22日午前9時半、競技がスタートする。今五輪から採用された新種目。30~40メートルのジャンプ台のような斜面(20度以上)を滑り降り、踏み切って空中でエアの技術を披露。100点満点で審査される採点競技だ。日本勢は19日の予選で藤森由香(写真)が2位、岩渕麗楽が3位、鬼塚雅が7位で決勝進出を決めている(広野あさみは敗退)。

 予選では4度目の五輪となった藤森が、金メダルを予感させるジャンプを披露。進行方向と反対向きに回り始めて2回転半する「バックサイド900」を決め、94.25の高得点を叩き出した。

 スノーボードクロスで2006年トリノ五輪から3大会連続で代表入りした藤森は、15年の世界選手権後に種目変更した。今五輪では、スロープスタイルで日本勢最高位の9位に入って存在感をアピール。そして五輪で最後の競技となるビッグエアの決勝では、メダル獲得のために一世一代のジャンプを見せるつもりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る