• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌五輪で金2個の高木菜那は3階級特進で「係長」に昇進

 金メダルでカネと出世を手にした。

 平昌五輪で2つの金メダルを獲得した高木菜那(25)が28日、所属先の親会社である日本電産を表敬訪問。報奨金計4000万円を会社側と自身のポケットマネーから出すと明言した永守重信会長(73)がさらに、3階級特進で係長に昇進させると約束したのだ。

「(金メダルを)3個取ってくれたら、喜んで6000万円払います」

 4年後の北京五輪に向けてさらなるニンジンをぶらさげた永守会長に、高木は、「会長の『1番以外はビリや』という言葉があって、1番になりたいという気持ちが出たからこその金メダル」と泣かせるセリフ。これに会長は、「世界一の負けず嫌い。会社の経営をやってもらいたいぐらい」と大喜びだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

もっと見る