大坂なおみ快進撃続く 元女王セリーナにストレート勝ち

公開日:

 大物食いの快進撃が止まらない。

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)は21日(日本時間22日)、女子シングルス1回戦を行い、世界ランク22位の大坂なおみ(20)が元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)と対戦。セットカウント2―0でストレート勝ちし、2回戦進出を決めた。

 大坂は4大大会最多23度の優勝を誇る元女王を相手に序盤から一歩も引かない。第1セットは互いにキープし、迎えた第7ゲームは強烈なショットで相手のミスを誘い、この試合初のブレークに成功。第9ゲームはラリーを制して1セット目を先取した。

 第2セットも試合の主導権を譲らない。第4ゲームでブレークを決めると、5―2の第8ゲームで、このセット2度目のブレーク。わずか1時間17分で元女王を退けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る