育ての親と共に 中日・松坂大輔が横浜高校時代を語り合う

公開日: 更新日:

小倉 大輔が中学生(東京・江戸川南シニア)の時、30校、40校がスカウトに来ている中で、一番熱心に通ってね。横(浜)高でオレが育てたという自負がある。練習は誰よりも過酷なメニューをやらせたな。実はやらせているオレが、かわいそうだと思っていたんだよ。悪いことをしたなと。当時、大輔は「この鬼! 何でボクだけやるんですか」って、アメリカンノックをね。50本捕り切りとか、延々と4時間も2人でノックしたよな。普通はできないよ。覚えてる?

松坂 もちろんですよ。ボクはボクで意地になっていました。とことん付き合うというか、「もういいよ」と言われたくないというか。「50本」と言われたら、50本絶対捕ってやるって。プロに入って思いましたね。小倉さんほどノックがうまい人はいないと。小倉さんのノックはめちゃくちゃイヤらしい。捕れるか捕れないかってところばかりに打つんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

もっと見る