【野手1】ア・リーグ屈指のスラッガーと俊足有望株

公開日:

アーロン・ジャッジ(ヤンキーズ・26歳)

 スター街道を邁進しているメジャーを代表するスラッガーだ。

 若返りを図るチームの方針から、16年にメジャーデビューした「ベビー・ボンバーズ」のひとり。右翼のレギュラーに定着した昨季は史上初の本塁打王(52)と新人王を同時受賞した。52本塁打は新人としての最多記録だった。

 飛距離が160メートル近い特大弾が売りのパワーヒッターは、意外にも筋トレより体のケアに時間を割いている。体幹強化と柔軟性を身に付ける目的で、日頃からヨガやピラティスに取り組む。

 身長201センチ、体重128キロと体格に恵まれていることもあり、「強化するよりも、パワーの生かし方や疲労回復を重視している」(本人)そうだ。

 昨季は球宴後に左肩の違和感を訴え、オフに遊離軟骨を除去する関節鏡視下手術を受けた。その後はリハビリを兼ねて肉体改造。クリスマス休暇を返上して、ロサンゼルスのトレーニング施設で8週間にわたるキャンプを行った。

 今季も故障さえなければ、本塁打を量産して同僚の田中を助けそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る