【野手1】ア・リーグ屈指のスラッガーと俊足有望株

公開日: 更新日:

アーロン・ジャッジ(ヤンキーズ・26歳)

 スター街道を邁進しているメジャーを代表するスラッガーだ。

 若返りを図るチームの方針から、16年にメジャーデビューした「ベビー・ボンバーズ」のひとり。右翼のレギュラーに定着した昨季は史上初の本塁打王(52)と新人王を同時受賞した。52本塁打は新人としての最多記録だった。

 飛距離が160メートル近い特大弾が売りのパワーヒッターは、意外にも筋トレより体のケアに時間を割いている。体幹強化と柔軟性を身に付ける目的で、日頃からヨガやピラティスに取り組む。

 身長201センチ、体重128キロと体格に恵まれていることもあり、「強化するよりも、パワーの生かし方や疲労回復を重視している」(本人)そうだ。

 昨季は球宴後に左肩の違和感を訴え、オフに遊離軟骨を除去する関節鏡視下手術を受けた。その後はリハビリを兼ねて肉体改造。クリスマス休暇を返上して、ロサンゼルスのトレーニング施設で8週間にわたるキャンプを行った。

 今季も故障さえなければ、本塁打を量産して同僚の田中を助けそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る