【野手1】ア・リーグ屈指のスラッガーと俊足有望株

公開日: 更新日:

マレックス・スミス(レイズ・25歳)

 多くの有望株を輩出するレイズで最も期待される若手野手だ。

 ブレーブスから移籍して2年目の今季は開幕から好調。178センチと小柄ながら、俊足を生かして内野安打を積み重ねており、打率3割をキープ。リーグ打撃10傑に名を連ねている。今季はスパンと併用される予定だったが、ベテランを抑えて中堅の定位置を獲得した。

 12年のドラフト5巡目でパドレスに入団。マイナーではルーキーリーグから順調にステップアップし、14年オフにはジャスティン・アップトン(現エンゼルス)らとのトレードでブレーブスに移籍。そのブレーブスで16年に念願のメジャーデビューを果たしたが、その年のオフにはマリナーズも交えた三角トレードでレイズに移った。他球団からは身体能力を高く評価され、マイナーでは毎年のように譲渡の申し込みが絶えなかったという。

 チームは開幕から低迷が続くだけにジャーニーマン(チームを渡り歩く選手)のスミスは、今季中のトレードもあり得る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  7. 7

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る