元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

森岡隆三<2>「代表背負った西野さんは勇気ある方だなと」

公開日:

「今季J3での目標は勝ち点50、総得点50、総失点30です。昨季は勝ち点21、総得点31、総失点63だったから、いかに高い目標かというのが分かるでしょう」とJ3鳥取の森岡隆三監督は、強い意気込みを持って今季を迎えた。開幕6戦負けなしと好発進したが、その後は1分け3敗と苦戦を強いられている。2002年日韓W杯戦士は、監督業の難しさと厳しさを痛感する日々だ。

(取材・構成=サッカージャーナリスト・元川悦子)

 08年に京都で現役引退した森岡が、指導者人生に踏み出したのは15年。

 京都U―18監督で2年間指揮を執った後、鳥取の監督に転身した。

「J1のクラブからコーチ就任という話もありましたが、鳥取の吉野智行強化部長からの誘いが大きかった。彼とは前々から面識もあってサッカー観も合うし、チームをつくり上げていく作業にも興味が湧きました。それで決めました」(森岡)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る