米ツアー初V逃した畑岡奈紗 3日間ノーボギーは成長の証し

公開日: 更新日:

【キングスミル選手権】

 大雨のため3日目が中止になり、54ホールの短縮競技になった今大会。

 現地時間20日に行われた最終日はサスペンデッドになった第2ラウンドの残りを消化して、米ツアー参戦2年目の畑岡奈紗(19)が首位と1打差の通算10アンダー2位タイ。初優勝に向けて絶好のポジションから発進した。

 初日の17番パー3でホールインワンを決めるなど、連日66をマーク。ノーボギーとショット、パットとも好調でコースとの相性は抜群だった。

 最終日最終組でプレーし、前半は3番パー5で2オンに成功。イーグルトライは惜しくもカップそばに止まったがバーディー先行。5番パー3は4メートルにつけて2つ目のバーディー。400ヤードと距離の長い9番パー4は、カップがグリーン右端と厳しいポジションに切られていたが、フェアウエーからの2打目を果敢に攻めてピンそば1・5メートルにピタリ。これを決めて前半は3つスコアを伸ばして、通算13アンダーでターンした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  8. 8

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る