西野監督は賢者か愚者か…“二軍”で本番前ラスト試合の吉凶

公開日:

「W杯開幕の2日前のテストマッチでやるべきことは、W杯1次リーグ初戦のコロンビア戦を見据え、主力組のコンビネーションの良し悪しの最終確認を行い、うまくいかなかったところは修正を施す。さらには主力組のコンディションを見極める作業も重要となってくる。しかし西野監督は予告通りに先発メンバーをガラッと代えてきた。パラグアイを同じ南米コロンビアの仮想敵国と位置付けながら、なぜベンチ組を先発させるのか? 大いに疑問の残る選手起用でした」

■本田と長谷部が不要なのはハッキリ

 4月上旬にハリルホジッチ前監督が電撃解任され、西野ジャパン体制になって2カ月あまり。ガーナ戦、スイス戦をいずれも0―2で落とし、もしパラグアイ戦も無得点に終われば、直前3試合ノーゴールでW杯本大会に臨むところだった。

 そんな最悪の事態は回避したものの、対戦相手のパラグアイのレベルを考えると、とても楽観視はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る