西野監督は賢者か愚者か…“二軍”で本番前ラスト試合の吉凶

公開日: 更新日:

 開口一番「いやぁ~それにしても仰天させられました」と話すのは、メキシコ五輪で得点王に輝いた釜本邦茂氏である。

 12日にオーストリア・インスブルックで行われたパラグアイ戦でMF本田圭佑、MF長谷部誠、FW大迫勇也といった主力組を軒並みベンチスタートとした西野朗監督(63)の用兵に「ロシアW杯本大会前の最後のテストマッチの先発にベンチ組をズラッと並べるとはねぇ~。8日のスイス戦から先発メンバー10人を入れ替え、しかもひとりだけ連続出場となったDF酒井高徳は、スイス戦の右SBから左SBで起用した。実質<11人全員を総入れ替え>したことになる。サッカー界の常道とは、かけ離れた選手起用と言っていいでしょう」と言うのである。

 4―2で試合には勝った。前半32分に先制を許したものの、後半の6分と18分にMF乾貴士が立て続けにゴールを決めて逆転。46分にはトップ下で先発したMF香川真司にもゴールが生まれた。スイス戦をケガで回避したDF酒井宏樹も後半から投入し、ここ2試合でW杯登録メンバー23人全員をプレーさせた西野監督は「ただ縦に速いだけでなく、ボールを保持した中で得点できた。一試合一試合ごとに攻守にポイントを持ちながら修正はできている」とご満悦だったが、元日本代表主将の田口光久氏もこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る