出場枠拡大前倒しか? FIFAが“忖度”する中国マネー918億円

公開日:

 FIFAの収入は2兆円。そのうち3割がスポンサー料だ。前回大会で中国企業は1社のみだったが、今大会は合計15社中7社。今大会で中国企業が支払う広告費は総額918億円だというから、ロシア大会の屋台骨は中国が支えていると言っても過言ではない。今やFIFAの最も大事な“お得意さま”なのである。

 だからだろう。カナダ、メキシコ、米国の3カ国共催となる2026年W杯からとなっている48カ国参加案が、次回22年カタール大会から実施される可能性が再燃している。この出場枠拡大の前倒しについてはFIFAのインファンティーノ会長が「時期尚早」との見解を示し、先月13日に開かれたFIFAの総会でも議題として諮られなかった。沈静化したはずが、ここにきて再び、モスクワを訪問しているカタールの大会組織委員会カテル副事務局長は「(48チーム参加の大会開催は)可能だ。エキサイティングな大会として成功するはずだ」と答えていると伝えられたのだ。

 FIFAがカタール大会から参加国を増やしたい背景には、02年大会以来出場がない中国の「実力」と「カネ」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る