• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出場枠拡大前倒しか? FIFAが“忖度”する中国マネー918億円

 FIFAの収入は2兆円。そのうち3割がスポンサー料だ。前回大会で中国企業は1社のみだったが、今大会は合計15社中7社。今大会で中国企業が支払う広告費は総額918億円だというから、ロシア大会の屋台骨は中国が支えていると言っても過言ではない。今やFIFAの最も大事な“お得意さま”なのである。

 だからだろう。カナダ、メキシコ、米国の3カ国共催となる2026年W杯からとなっている48カ国参加案が、次回22年カタール大会から実施される可能性が再燃している。この出場枠拡大の前倒しについてはFIFAのインファンティーノ会長が「時期尚早」との見解を示し、先月13日に開かれたFIFAの総会でも議題として諮られなかった。沈静化したはずが、ここにきて再び、モスクワを訪問しているカタールの大会組織委員会カテル副事務局長は「(48チーム参加の大会開催は)可能だ。エキサイティングな大会として成功するはずだ」と答えていると伝えられたのだ。

 FIFAがカタール大会から参加国を増やしたい背景には、02年大会以来出場がない中国の「実力」と「カネ」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る