ついに辞任…山根会長“追放クーデター”の裏に女帝の裏切り

公開日:

 中には、もはや死に体となったドンから距離を置き、潔く身を引くことであわよくば新体制に影響力を残したい、と考えた理事もいたかもしれないが、いずれにしろこれで山根会長は追い詰められた。

■独裁者の哀れな末路

 午後4時から始まった7日の緊急理事会は約3時間に及び、会議が行われた大阪市内のホテルには200人以上の報道陣が集まるなど、終始、緊迫したムードに包まれた。山根会長は理事会で「このような事態になったことは会長として申し訳ない」と謝罪。会議後に応じた取材では、「心が整理できた。あす(8日)正午に私の気持ちを言います。自分の人生をかけてモノを言いますから。男としてのけじめの話をするのできょうは時間をください。家族と友人にも相談して、自分の判断は自分で決めます。(理事会から)会長一任と言われた以上は時間をください」と絞り出し、理事会から進退を一任されたことを明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る