ついに辞任…山根会長“追放クーデター”の裏に女帝の裏切り

公開日:

 中には、もはや死に体となったドンから距離を置き、潔く身を引くことであわよくば新体制に影響力を残したい、と考えた理事もいたかもしれないが、いずれにしろこれで山根会長は追い詰められた。

■独裁者の哀れな末路

 午後4時から始まった7日の緊急理事会は約3時間に及び、会議が行われた大阪市内のホテルには200人以上の報道陣が集まるなど、終始、緊迫したムードに包まれた。山根会長は理事会で「このような事態になったことは会長として申し訳ない」と謝罪。会議後に応じた取材では、「心が整理できた。あす(8日)正午に私の気持ちを言います。自分の人生をかけてモノを言いますから。男としてのけじめの話をするのできょうは時間をください。家族と友人にも相談して、自分の判断は自分で決めます。(理事会から)会長一任と言われた以上は時間をください」と絞り出し、理事会から進退を一任されたことを明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る