アジアでは敵なし 今大会5冠の池江璃花子に残された課題

公開日:  更新日:

 競泳女子の池江璃花子(18)が23日のアジア大会4×100メートルメドレーリレー決勝に出場し、第3泳者(バタフライ)として日本の金メダルに貢献。日本記録を更新する3分54秒73の好タイムを叩き出し、きょう24日の50メートル自由形を残して今大会5冠を達成した。

 とはいえ、今大会は格下のアジア勢が相手。真価が問われるのは欧米の強豪を相手にする来年7月の世界選手権(韓国・光州)、そして、20年東京五輪だろう。

 池江はかねて、レース前半での積極性に欠ける泳ぎが課題とされている。スタート時から全力で行かず、タイムも順位も伸びない。本人も自覚していて、「強い選手(欧米勢)が相手だと、レース終盤での追い上げを恐れ、スタミナを温存しようとして、スタートから積極的に行けないこともある。海外勢相手のレースでは、消極的な姿勢を捨てないと」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る