アジアでは敵なし 今大会5冠の池江璃花子に残された課題

公開日: 更新日:

 競泳女子の池江璃花子(18)が23日のアジア大会4×100メートルメドレーリレー決勝に出場し、第3泳者(バタフライ)として日本の金メダルに貢献。日本記録を更新する3分54秒73の好タイムを叩き出し、きょう24日の50メートル自由形を残して今大会5冠を達成した。

 とはいえ、今大会は格下のアジア勢が相手。真価が問われるのは欧米の強豪を相手にする来年7月の世界選手権(韓国・光州)、そして、20年東京五輪だろう。

 池江はかねて、レース前半での積極性に欠ける泳ぎが課題とされている。スタート時から全力で行かず、タイムも順位も伸びない。本人も自覚していて、「強い選手(欧米勢)が相手だと、レース終盤での追い上げを恐れ、スタミナを温存しようとして、スタートから積極的に行けないこともある。海外勢相手のレースでは、消極的な姿勢を捨てないと」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る