40度の酷暑に苦しむも…ジョコビッチが全米3度目Vへ好発進

公開日:

 3度目の頂点を目指す元世界1位のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)が苦しみながらも初戦を突破した。

 第6シードのジョコビッチは世界41位のマートン・フクソービッチ(26=ハンガリー)相手に苦戦。第1セットこそ難なく先取したが、続く第2セットは精彩を欠いた。コートの体感気温は40度にも達する中、暑さからショットが乱れて、このセットは3―6で落とした。

 試合中、気温は最高で40度近くにも達したそうで、第3ゲーム以降は両者とも動きが鈍った。ジョコビッチは体調不良から足が止まった相手の隙を見逃さず、第3、第4セットを連取して2時間58分の戦いを制した。

 ジョコビッチは今年8月のW&Sオープン(米シンシナティ)で優勝。史上初の「ATPマスターズ1000」全9大会制覇の偉業を達成したばかり。

 15年大会以来、3年ぶり3度目の優勝を狙うジョコビッチにとっては暑さとの戦いも強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る