40度の酷暑に苦しむも…ジョコビッチが全米3度目Vへ好発進

公開日:

 3度目の頂点を目指す元世界1位のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)が苦しみながらも初戦を突破した。

 第6シードのジョコビッチは世界41位のマートン・フクソービッチ(26=ハンガリー)相手に苦戦。第1セットこそ難なく先取したが、続く第2セットは精彩を欠いた。コートの体感気温は40度にも達する中、暑さからショットが乱れて、このセットは3―6で落とした。

 試合中、気温は最高で40度近くにも達したそうで、第3ゲーム以降は両者とも動きが鈍った。ジョコビッチは体調不良から足が止まった相手の隙を見逃さず、第3、第4セットを連取して2時間58分の戦いを制した。

 ジョコビッチは今年8月のW&Sオープン(米シンシナティ)で優勝。史上初の「ATPマスターズ1000」全9大会制覇の偉業を達成したばかり。

 15年大会以来、3年ぶり3度目の優勝を狙うジョコビッチにとっては暑さとの戦いも強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る