八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

英プレミアリーグ 日本人3選手の厳しいポジション争い

公開日:

 レスター岡崎にも当てはまります。エースFWバーディーが第2節のウォルバーハンプトン戦で一発退場。3試合の出場停止となりました。サウサンプトン戦は岡崎にとっては格好のアピールの場でしたが、終了間際の交代出場ということからもFWの序列は4、5番手なのでしょう。

 レスターは6月、イングランドU―21代表FWマディソンを獲得。昨季、英1部(2部に相当)のノリッジで14ゴールを挙げた“売り出し中”の彼に前線で走り回る岡崎の役割を任せています。岡崎の現況は、非常に厳しいといえるでしょう。

 27日未明には、ニューカッスルVSチェルシーをテレビ観戦しました。

 ニューカッスルの新加入FW武藤は開幕3試合連続出場を果たしたといっても後半36分、後半20分、後半34分からの途中出場に終わっています。

 そろそろゴールという結果でアピールしないと今後、起用時間も減っていく危険性があります。

 英プレミアの代表3選手は厳しいポジション争いに挑み、定位置を獲得して欲しいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る