体操パワハラ騒動 塚原夫妻“全面降伏”の裏側と協会の本音

公開日:

 一連の騒動では、五輪メダリストやOB、OGの多くが、宮川の擁護に回り、反塚原の態度を鮮明にした。

 夫妻が牛耳っていたはずの体操協会も第三者委員会の設置を決め、徹底的に調査して膿を出すとした。

「窮地に立たされて振り返って見れば、周りは敵だらけ。自分たちが『裸の王様』だったと思い知らされたのでしょう。第三者委員会は利害関係のない弁護士を含む3人程度で構成され、協会は設置から2週間程度で結論を求めるとしています。当初、協会は『宮川から正式な訴えがあれば考える』と調査には消極的だったのが一転した。その理由のひとつは、10月末にカタールのドーハで行われる世界選手権が控えていること。そんな大事な時期に女子体操の強化部門トップである塚原夫妻にパワハラの疑惑が持ち上がり、代表候補選手に動揺が走っているからです。協会は一日でも早く事態の鎮静化を図りたい」(協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る