権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

故障はフォームと無関係 大谷の肘を蝕む“火事場のバカ力”

公開日: 更新日:

 荒れ球は決して「悪」ではない。大谷や藤浪ほどの球威があれば、球が散るのはむしろ武器になる。問題は「荒れ方」である。内角に抜け、外角に引っかけるという左右の荒れは打者に手を出してもらえない。球が手を離れた瞬間に、ボール球だと見切られてしまうからだ。対して、真ん中のラインにくる高低の荒れはボール球でも打者が手を出してくれ、空振りやファウルでカウントを稼ぐことができる可能性が残る。荒れていいのは高低なのだ。

 腕を縦に真っすぐスイングさせれば、ボールは高低にブレても、左右には散らない。復帰登板の大谷は、変化球こそ抜けたり、引っかけたりしていたが、ストレートは左右に散ることがほとんどなかった。腕が真っすぐ振れていたからだ。

 つまり、故障は投球フォームと関係ない。日本とは違うボールやマウンドの問題はあるだろう。が、一番はやはり、スプリットの多投だと思う。ヤンキースの田中将大、カブスのダルビッシュも同じ。彼らは海を渡ってから、日本時代に武器にしていたスライダーの割合を減らし、縦に落ちるスプリットを決め球に用いるようになった。手が長くパワーのあるメジャーの打者には、横の変化であるスライダーが危ないボールになった。右打者の外角に決まっても、バットが届き、パワーで逆方向のスタンドにまで運ばれるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る