“視野狭窄”貴乃花 サポ制度導入でタニマチ排除し顰蹙買う

公開日: 更新日:

■「あんな人物と組んでいるようでは…」

 貴乃花は当時、「わずかな人から大金をもらうより、多くの人に会員になってもらって相撲の裾野を広げたい」と、サポーター制度導入の目的を語っていた。その意義自体はともかく、真の狙いが単に口うるさいタニマチ封じだとすれば、あまりに短絡的だ。

 実際、大口のタニマチを失った影響は大きかったのか、15年には貴乃花一門の後援会が発足。親方衆からは「一門の後援会なんて聞いたことがない。実際は貴乃花部屋の後援会ではないか」との声も上がった。古くからのタニマチを切る反動も考えないツケが回ってきたということだ。

 目先といえば、パチンコメーカーとの契約に際して代理店関係者からの裏金をフトコロに入れた「裏金顧問」こと、小林慶彦元相撲協会顧問との関係もそうだ。自分を理事長にと担いでくれる“味方”と判断するや、その素性も何も関係なく、タッグを組み続けた。貴乃花の周囲から人が去っていったのは、本人の性格もさることながら、「あんな怪しい男と組んでいる人間は信用できない」といった理由もあった。

 貴乃花はおそらく、自分が孤立した原因をいまだに理解できていないだろう。貴乃花は一途でもなければ、猪突猛進でもない。こうと決めたら、思い込んだら善悪の区別もつかず、長期的展望もないまま平気で暴走する。単に視野が狭いだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る