アジア杯決勝は日本vsカタール 優勝へのカギはFWアリ攻略

公開日: 更新日:

 UAEで開催中のアジアカップ決勝(日本時間2月1日)は、日本とカタールとの顔合わせとなった。日本時間29日午後11時開始の準決勝でカタールが、地元UAEを4―0で一蹴したのだ。

 要警戒選手の筆頭はFWアルモエズ・アリ。前半37分、左サイドでボールを受けるとカットインし、UAEのDF2人を振り切って右足シュート。ボールは右ポストに当たってゴールに吸い込まれていった。

 アリにとって大会通算8得点目。これは1996年大会のイラン代表FWダエイに並ぶ大会最多記録である。ドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンでもプレーした大物ストライカーと肩を並べ、22歳の新鋭点取り屋が一躍、欧州サッカー市場でも知名度をアップさせた。

 決勝でも日本相手にゴールを決め、単独最多記録を狙っているはず。徹底マークでツブしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る