セリーナ流を導入 大坂なおみ“大試合で3勝”したたか調整法

公開日: 更新日:

 全米に続いて全豪と4大大会を連覇した大坂なおみ(21)。

 今回の快挙で一気に世界ランク1位に上り詰めたものの、ツアーはまだ3勝しかしていない。そのうち2勝は4大大会で、残る1勝は4大大会に次ぐ格付けのプレミア・マンダトリーのBNPパリバ・オープン。大坂はつまり、ツアーの中でもポイントの高い試合で結果を残すことによって世界の頂点に立ったのだ。

 本人は「グランドスラムの雰囲気が好き」と話しているが、「雰囲気が好き」だから勝てるわけではもちろんない。

 照準をあえて格上の大会に合わせ、そこでコンディションがベストになるような調整をしているからこそ、結果も付いてくるのだ。

 大坂のコーチであるサーシャ・バインと、バインが連れてきたフィジカルトレーナーのアブドゥル・シラーは、長らくチームの一員としてセリーナ・ウィリアムズ(37)を支えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る