セリーナ流を導入 大坂なおみ“大試合で3勝”したたか調整法

公開日: 更新日:

 全米に続いて全豪と4大大会を連覇した大坂なおみ(21)。

 今回の快挙で一気に世界ランク1位に上り詰めたものの、ツアーはまだ3勝しかしていない。そのうち2勝は4大大会で、残る1勝は4大大会に次ぐ格付けのプレミア・マンダトリーのBNPパリバ・オープン。大坂はつまり、ツアーの中でもポイントの高い試合で結果を残すことによって世界の頂点に立ったのだ。

 本人は「グランドスラムの雰囲気が好き」と話しているが、「雰囲気が好き」だから勝てるわけではもちろんない。

 照準をあえて格上の大会に合わせ、そこでコンディションがベストになるような調整をしているからこそ、結果も付いてくるのだ。

 大坂のコーチであるサーシャ・バインと、バインが連れてきたフィジカルトレーナーのアブドゥル・シラーは、長らくチームの一員としてセリーナ・ウィリアムズ(37)を支えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る