札幌大谷・船尾監督が明かす「中高一貫」のメリット

公開日: 更新日:

 24日登場する札幌大谷(北海道)は昨秋神宮大会で初優勝。創部10年目にして初の甲子園出場だ。学校が共学になった2009年に野球部を創部。その前年に系列の札幌大谷中学が硬式野球部の「札幌大谷シニア」を設立しており、この「中高一貫」の強化が実を結んだ。同校の船尾隆広監督(47)に中高一貫の育成、スカウティングのメリットについて聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ――エースの西原ら主力は中学3年時に全国大会でベスト8になった。

「今の3年生はこれまでで(系列)中学からの子たちが一番多い。中学時代の経験が今に生きていると思います。1年春からのレギュラーは4人ほど。中学の時点で1年春からレギュラーでいけるのかどうか、技術的、戦力的な見極めができる。中高一貫のメリットだと思います」

 ――中高一貫校は中学生が高校の練習に参加できます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  4. 4

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    小池氏“地元”池袋で有力者と集会出席…選挙優先で支持固め

もっと見る