札幌大谷・船尾監督が明かす「中高一貫」のメリット

公開日: 更新日:

 24日登場する札幌大谷(北海道)は昨秋神宮大会で初優勝。創部10年目にして初の甲子園出場だ。学校が共学になった2009年に野球部を創部。その前年に系列の札幌大谷中学が硬式野球部の「札幌大谷シニア」を設立しており、この「中高一貫」の強化が実を結んだ。同校の船尾隆広監督(47)に中高一貫の育成、スカウティングのメリットについて聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ――エースの西原ら主力は中学3年時に全国大会でベスト8になった。

「今の3年生はこれまでで(系列)中学からの子たちが一番多い。中学時代の経験が今に生きていると思います。1年春からのレギュラーは4人ほど。中学の時点で1年春からレギュラーでいけるのかどうか、技術的、戦力的な見極めができる。中高一貫のメリットだと思います」

 ――中高一貫校は中学生が高校の練習に参加できます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る