武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみ電撃解任も一端 女子“コーチ回転木馬”の背景

公開日: 更新日:

 衝撃的だった大坂なおみのコーチ解任劇は、ジャーメイン・ジェンキンスを新コーチに迎え、とりあえず落ち着いた。

 新チーム最初のBNPパリバ・オープンは4回戦で敗れたが、女王らしいショットを随所に披露し、気持ちの切り替えに成功したと考えていい。

 このところ、特に女子はコーチの入れ替わりが激しい。女子ツアーを統括するWTAは〈コーチ回転木馬〉として報告している。2年前に大坂についていたデビッド・テイラーはその後、エレナ・オスタペンコからマディソン・キーズと渡り、いまはエリス・メルテンスを見ている。ウィム・フィセットはシモナ・ハレプからアンジェリック・ケルバーと移って今度はビクトリア・アザレンカ……大坂なおみのケースもその一端と言えるが、単純な話だけでもなさそうだ。

 前コーチのサーシャはセリーナ・ウィリアムズのヒッティングコーチだった。新コーチのジェンキンスは姉ビーナスのヒッティングコーチとしてトップ5復帰に貢献した。この34歳の新コーチはただ者ではない。現在、世界のトップ10にいるジョン・イスナーやケビン・アンダーソンが入学してきた頃にNCAAでクレムゾン大学の主将として活躍、オールアメリカンになった。弟ジャーミアのコーチをしてからビーナスと合流、やがて弟を出産後のセリーナのヒッティングコーチとしてチームに紹介している。そこに、いま大坂のトレーナーになっているアブドゥル・シラーもいた。ウィリアムズのチームからコーチ3人が大坂陣営に流れた――偶然だろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る