帖佐寛章
著者のコラム一覧
帖佐寛章日本陸連顧問

1930年6月、東京都生まれ。東京教育大(現・筑波大)で日本選手権800メートル、1500メートル優勝。箱根駅伝出場。引退後は順天堂大陸上部監督として箱根駅伝優勝。数々のトップアスリートを育てた。五輪監督、日本選手団副団長、神戸ユニバーシアード日本選手団長、日本陸上競技連盟強化委員長、専務理事、副会長をはじめ、日本体育協会副会長、国民体育大会委員長、国際マラソン・ロードレース協会会長などを歴任。現在は日本陸連顧問、順大スポーツ健康科学部名誉教授。

五輪後の新国立競技場を球技専用にして何が「レガシー」だ

公開日: 更新日:

 この連載も最終回となった。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森(喜朗)会長は、今年11月に完成予定の新国立競技場(以下=新国立)を、日本スポーツの新しい「聖地」にしたいと言った。素晴らしい発言で尊敬したよ。ところがだ。五輪が終われば、「金にならない」という理由で陸上競技のトラックは撤去される。6万8000席の観客席は国内最大規模の8万席となり、サッカーやラグビーなどの球技専用スタジアムに生まれ変わる。元陸連会長の河野洋平さんと会ったとき「由々しき問題だ」と言ったんだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)が最も重視しているテーマは、有形・無形の「レガシー」(精神的・物理的遺産)だ。開閉会式が行われるメインスタジアムを後世に残すことも、そのひとつではないか。たとえば、1896年に近代オリンピックの第1回大会(ギリシャ)が行われたアテネに残る「パナシナイコ・スタジアム」は、紀元前329年に建設され、改修されたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る