帖佐寛章
著者のコラム一覧
帖佐寛章日本陸連顧問

1930年6月、東京都生まれ。東京教育大(現・筑波大)で日本選手権800メートル、1500メートル優勝。箱根駅伝出場。引退後は順天堂大陸上部監督として箱根駅伝優勝。数々のトップアスリートを育てた。五輪監督、日本選手団副団長、神戸ユニバーシアード日本選手団長、日本陸上競技連盟強化委員長、専務理事、副会長をはじめ、日本体育協会副会長、国民体育大会委員長、国際マラソン・ロードレース協会会長などを歴任。現在は日本陸連顧問、順大スポーツ健康科学部名誉教授。

私が阻止したトレードマネー1億円 宗兄弟のダイエー移籍

公開日: 更新日:

 瀬古(利彦)とともに、マラソンの一時代を築いたのが宗茂、猛の兄弟だ。1978年の秋のこと。旭化成陸上部の大串啓二監督が会いにきた。

「帖佐さん、助けてください。宗兄弟が陸上部を辞めるといって、合宿所を出てしまいました」

 旭化成「中興の祖」宮崎(輝)社長と陸上競技部をつくった黒田副社長は、2人の「脱走」にカンカン。長距離・駅伝部の廣島日出国監督は、もう合宿所に戻らないと思ったのか、「あの2人は陸上部を辞めてもかまわない」と言って話にならない。

 私が陸上監督だった76年モントリオール五輪でコーチだった高橋進さんは廣島監督のサポートをしていたので、内情をよく知っている。「噂ではダイエーに行くみたいだ」と教えてくれた。ダイエーには中学時代からの友人がそれなりの役職に就いている。電話で聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る