ボストン連覇ならず…川内は調整不足でプロ初戦17位の惨敗

公開日: 更新日:

 公務員から異例の転身を果たしたプロランナーが惨敗した。

 第123回ボストン・マラソン(米マサチューセッツ州ボストン)は15日に行われ、男子では昨年覇者の川内優輝(32)が2時間15分29秒で17位。今月のプロ転向後、初のレースで連覇はならなかった。

 王者として地元ファンの注目が集まる中、号砲を聞いた川内。最初の下り坂を一気に駆け抜けるスタートダッシュを見せ、詰め掛けた沿道のファンを沸かせた。

 序盤から先頭集団についてレースを展開したが、10キロすぎから徐々に遅れ始めると、15キロすぎにはトップと30秒差をつけられて先頭集団から脱落。その後も、差は広がるばかりで、終盤の粘りを発揮できない。最後はトップと7分32秒差でゴールした。

 プロ転向後は、イベント出演などが重なり、走り込み不足で臨んだ。調整不足がたたって、プロとしての初レースは平凡なタイムに終わった。

 2018年アジア大会(ジャカルタ)金メダルの井上大仁(26)は30キロすぎに遅れ、2時間11分53秒の12位(日本人トップ)だった。9月の2020年東京マラソン代表選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を見据えて参加したが、アフリカ勢のスピードに屈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る