元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

U-20W杯2大会連続出場 FW田川の覚醒が日本の命運を握る

公開日: 更新日:

 ポーランドで開催中のU-20W杯で活躍が期待されていたFW田川亨介(FC東京)は、23日の初戦エクアドル戦でオウンゴール献上という最悪のスタートを強いられながら、26日の第2戦メキシコ戦では1得点1アシスト。短期間で凄まじい巻き返しを見せた。16強入りした2017年U-20W杯韓国大会経験者の覚醒が、若き日本の躍進には必要不可欠である。

  ◇  ◇  ◇

 自国開催だった79年大会を皮切りに日本は過去9回のU-20W杯出場を誇っているが、2大会連続で参戦したのはGK南雄太(横浜FC)、FW平山相太(引退=FC東京など)、そして田川の3人だけである。

 南は99年ナイジェリア大会準優勝メンバーの1人。平山は03年UAE大会、05年オランダ大会で計3点をマーク。年代別代表では重要な役割を担ったが、2人ともA代表には定着できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る