元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

U-20W杯2大会連続出場 FW田川の覚醒が日本の命運を握る

公開日: 更新日:

 ポーランドで開催中のU-20W杯で活躍が期待されていたFW田川亨介(FC東京)は、23日の初戦エクアドル戦でオウンゴール献上という最悪のスタートを強いられながら、26日の第2戦メキシコ戦では1得点1アシスト。短期間で凄まじい巻き返しを見せた。16強入りした2017年U-20W杯韓国大会経験者の覚醒が、若き日本の躍進には必要不可欠である。

  ◇  ◇  ◇

 自国開催だった79年大会を皮切りに日本は過去9回のU-20W杯出場を誇っているが、2大会連続で参戦したのはGK南雄太(横浜FC)、FW平山相太(引退=FC東京など)、そして田川の3人だけである。

 南は99年ナイジェリア大会準優勝メンバーの1人。平山は03年UAE大会、05年オランダ大会で計3点をマーク。年代別代表では重要な役割を担ったが、2人ともA代表には定着できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る