岡邦行
著者のコラム一覧
岡邦行ルポライター

1949年、福島県南相馬市生まれ。ルポライター。第3回報知ドキュメント大賞受賞。著書に「伊勢湾台風―水害前線の村」など。3・11後は出身地・南相馬中心に原発禍の実態を取材し続けている。近著に「南相馬少年野球団」「大島鎌吉の東京オリンピック」

最後の仕事は「トヨタ」のネームバリューにこだわった

公開日: 更新日:

 大分中村病院の院長でもある中村裕は、授産施設の「太陽の家」を率い、オムロン太陽、ソニー・太陽、ホンダ太陽、三菱商事太陽などの共同出資会社を次々と設立し、身障者を社会復帰させた。理念の「保護よりも機会を!」を実行したのだ。

 その最後の仕事は、鬼籍に入る3カ月前の1984年4月。愛知県蒲郡市に「愛知太陽の家」を開所し、トヨタ系列のデンソーとの協同出資会社「デンソー太陽」を設立した。

 ところが、中村は不満だった。当時の「太陽の家」の職員が証言する。

「中村先生はデンソーではなく、“トヨタ”のネームバリューに執着し、『トヨタ太陽』にしたかった。デンソーには失礼だけど、先生は『車に乗らん人でもトヨタは知っとるけど、車に乗っとる人でもデンソーは知らん』と言っていた。とにかく、トヨタにこだわっていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る