エ軍大谷「サイ・ヤング賞の翌年にHR50本でMVP」の現実味

公開日: 更新日:

 日本人初のサイクル安打達成でイチローが提唱した「新二刀流」には、俄然興味が湧いてくるが、マウンドや打席から離れれば、実戦感覚に不安が生じるリスクもある。果たして、1年おきに起用法を入れ替えるのは本当に可能なのか。

「投手としてのブランクは問題ないと思います。1年間、実戦登板しないとしても、ケガで投げられないわけじゃない。野手に専念する年でも、合間、合間で投手としての練習はできる。定期的にブルペンに入るなど、投球としての調整を欠かさなければ、たとえ1年間空いたとしてもパフォーマンスに影響はないと思う。いいようにとらえれば、肩ヒジを休ませられるというメリットがある。隔年の方が投手として長く現役を続けられるのではないか。ブランクでいえば、むしろ生きたボールを打てない野手の方が心配ですね」(JスポーツMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

■薄い選手層がネックか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る