“ぬるま湯”女子ゴルフと正反対 やり投げV北口榛花の心意気

公開日: 更新日:

 あまりに対照的だ。

 ゴルフの国内女子ツアーは、4日開幕の新規大会「資生堂 アネッサ レディスオープン」(神奈川・戸塚CC)で後半戦に入る。今大会の優勝賞金は2160万円とビッグだ。

 それにしても、今の女子プロは恵まれている。例えば「黄金世代」と呼ばれる20~21歳の選手で世界を相手に戦っているのは畑岡奈紗(20)だけ。他はコースがやさしく、レベルも低い国内ツアーで「ビジュアル系」だ「美人プロ」だとチヤホヤされてガッポリ稼いでいる。

 5月のサロンパス杯でプロ初Vの渋野日向子(20)は、今季すでに5270万円超の賞金を手にしている。尾崎将司に指導を受けている原英莉花(20)も、6月のツアー初優勝で4800万円以上の稼ぎがある。

 今季2勝の勝みなみ(21)は5000万円を超え、生涯獲得賞金は、すでに約1億1800万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る