コパと女子W杯の決勝で見えた 日本サッカーに足りないもの

公開日: 更新日:

 南米選手権(コパ・アメリカ)決勝はホスト国のブラジルがペルーを3―1で下し、12年ぶり9回目の南米チャンピオンの座についた。

 エースFWネイマール抜きのブラジル。どうしても選手の小粒感は否めないが、攻守ともにペルーを圧倒。前半15分の先制点をアシストし、アディショナルタイムに貴重な追加点を奪ったFWジェズスが後半25分、2枚目のイエローカードを提示されて退場処分となったが、それでもペルーに試合をひっくり返す力はなく、ブラジルが順当に勝利を収めた。

「コパの決勝戦で日本サッカーに必要なものが分かりました」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。

「ペルーは力負けでしたが、ずる賢い試合運びが印象的でした。ブラジルの選手にわざと体をぶつけたり、反則スレスレで突破を阻止するシーンが目立ちました。W杯など国際大会を勝ち上がるには、ずる賢いプレーが必要となります。日本も身に付けるべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る