コパと女子W杯の決勝で見えた 日本サッカーに足りないもの

公開日: 更新日:

 南米選手権(コパ・アメリカ)決勝はホスト国のブラジルがペルーを3―1で下し、12年ぶり9回目の南米チャンピオンの座についた。

 エースFWネイマール抜きのブラジル。どうしても選手の小粒感は否めないが、攻守ともにペルーを圧倒。前半15分の先制点をアシストし、アディショナルタイムに貴重な追加点を奪ったFWジェズスが後半25分、2枚目のイエローカードを提示されて退場処分となったが、それでもペルーに試合をひっくり返す力はなく、ブラジルが順当に勝利を収めた。

「コパの決勝戦で日本サッカーに必要なものが分かりました」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。

「ペルーは力負けでしたが、ずる賢い試合運びが印象的でした。ブラジルの選手にわざと体をぶつけたり、反則スレスレで突破を阻止するシーンが目立ちました。W杯など国際大会を勝ち上がるには、ずる賢いプレーが必要となります。日本も身に付けるべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る