ウィンブルドンJr.制覇の望月 真骨頂はSFでの“心臓の毛”

公開日: 更新日:

■「あまり調子に乗らず」

 塚越氏は専属コーチの指導力も大きいという。

「盛田ファンドは資金を出してIMGに育成を丸投げしない。ファンドのコーチである山中夏雄氏(45)をIMGに送り込み、ジュニア達のテニスそして生活ケアーをしている。彼のことは浅越しのぶらを指導している頃から知っているが、熱心な指導に定評がある。テニス以外の面でもフォローしているはずです。気になるのは望月の今後です。今回の優勝は確かに偉業ですが、これで近い将来、錦織を抜くとか、4大大会に勝つとか、テニスの世界はそんなに甘くない。マスコミは過度な報道を控え冷静に見守って欲しいです」

 会見で望月は「今年の最初は、(ジュニア世界ランク)80番台だった。この先もあまり調子に乗らずにやりたい」と言った。錦織を抜く、抜かないの話がまだ早いことは、自分自身が一番わかっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  10. 10

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る