1カ月で11都市も…逆転V狙う日ハムを待つ2020年の過酷日程

公開日: 更新日:

 来年は過酷な夏になりそうだ。

 29日、パ・リーグが来季日程を発表。本拠地札幌ドームが五輪のサッカー会場となる日本ハムは、6月14日の交流戦を最後に8月21日の楽天戦まで全国各地を転々とすることになった。

「五輪開催に伴い、7月21日から8月13日まで公式戦を中断するとはいえ、2カ月間も本拠地が使えない。日ハムはただでさえ移動が大変なのに、来季は交流戦明けから球宴までの1カ月間で、前橋↓所沢↓釧路↓帯広↓静岡↓大阪↓那覇↓所沢↓仙台↓旭川↓東京と11都市で試合を行う。地方開催のため2連戦が多いとはいえ、とんでもない移動距離になります」(球界関係者)

 今季は29日現在で首位ソフトバンクに1・5差で2位。逆転優勝のチャンスは十分にある。ハンディの大きい来季のことを考えても、目の色変えて優勝を狙ってくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る