羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野日向子メジャーVは「集中力と切り替えの早さ」が勝因

公開日: 更新日:

 これまで多くの日本人プロが挑戦して成し遂げられなかったメジャー優勝を、20歳の渋野日向子が42年ぶりにつかみ取りました。

 彼女にとって初の海外参戦、初のメジャー出場です。タイトルの重みに押しつぶされず、笑顔を絶やさず思い切りプレーできたのが勝因です。

 もちろん、昨年のプロテストに合格して、今季2勝を挙げるなど勢いと実績がありました。

 スイングは軸がしっかりして、フットワークを使い、それにプラスして体に柔らかさがある。技術的に見ても悪いところがなく、これまでにいないタイプの選手です。

 気になったのはハンドダウンに構えて、バックスイングの上げ方で、手やヘッドの軌道が微妙に寝ている部分だけ。

 ドローヒッターなのに体に切れがあり、軸回転でフェードも打てるなど球筋は自在でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る