八村のリップサービスは災い招く W杯レフェリーには要注意

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAの日本人ルーキーが、ゲームのキャラクターに起用された。

 ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が15日、NBA公認ゲームソフト(2020年版9月発売)のアンバサダーに就任。都内で行われた販促イベントに出席した八村は、ゲーム内で自身のキャラクターがプレーしていることに「ドラフトされたとき並みに感激した」とリップサービスした。

 八村は明成高卒業後に渡米し、3年間の大学生活を送ったこともあり、アメリカ人のようにサービス精神が旺盛だ。社交辞令もうまく、これまでも食品メーカーと携帯電話会社の2社とスポンサー契約した際には「(即席麺は)子供の頃から食べていました」「(携帯を)家族全員で使ってました」とあいさつ。スポンサー企業の関係者を喜ばせた。

 八村は、持ち前の口達者ぶりをコートでも発揮しており、チームメートへの自己主張、戦術を指示するのはもちろん、興奮するあまり審判のジャッジにクレームをつけることも珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る