八村のリップサービスは災い招く W杯レフェリーには要注意

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAの日本人ルーキーが、ゲームのキャラクターに起用された。

 ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が15日、NBA公認ゲームソフト(2020年版9月発売)のアンバサダーに就任。都内で行われた販促イベントに出席した八村は、ゲーム内で自身のキャラクターがプレーしていることに「ドラフトされたとき並みに感激した」とリップサービスした。

 八村は明成高卒業後に渡米し、3年間の大学生活を送ったこともあり、アメリカ人のようにサービス精神が旺盛だ。社交辞令もうまく、これまでも食品メーカーと携帯電話会社の2社とスポンサー契約した際には「(即席麺は)子供の頃から食べていました」「(携帯を)家族全員で使ってました」とあいさつ。スポンサー企業の関係者を喜ばせた。

 八村は、持ち前の口達者ぶりをコートでも発揮しており、チームメートへの自己主張、戦術を指示するのはもちろん、興奮するあまり審判のジャッジにクレームをつけることも珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る