テストマッチ3連勝で絶好調も「まだ不透明な部分がある」

公開日: 更新日:

 僕はラグビーが大好きです。本当に大好きなのですが、やはりファンではないんですよ。

 あの瞬間、心の底からうれしかったけど、心のどこかに「なぜ自分はピッチにいないのだろう?」という気持ちがありました。僕の頭の中の半分は、今もラグビープレーヤーなんだと思います。

 今、振り返ってみてもジャパンが、あの南アフリカに勝つとは思ってもみませんでした。わずか2点のビハインドで前半を終えた時も、いつものように「後半になるとガタガタッと崩れてしまうのではないか」という心配が先立ちましたが、そうはならなかった。

 冷静に考えると決勝トーナメントに合わせたピークづくりをやっていた優勝候補の南アフリカに対して、ジャパンは初戦にピークを合わせていました。両者にはコンディションの差がありました。

■ピークづくりの差

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!