スポーツ界相次ぐ醜聞 崩れ始めた「クリーン・ジャパン」

公開日: 更新日:

 日本を見る目がガラリと変わりそうだ。

 禁止薬物を摂取した広島のバティスタ(27)に対し、6カ月の出場停止処分が下った。広島といえば7月にも、緒方監督(50)が野間(26)の怠慢に見えた走塁に怒り、平手でたたくなどの暴力行為が発覚したばかりだ。

 選手のドーピングが、シーズンオフを含む6カ月の出場停止だけで済み、片や監督が選手を殴っても厳重注意で終わり。スポーツ界では、あってはならない事件の処分にしては、あまりに甘すぎないか。

「そう思います」と、スポーツライターの津田俊樹氏が言う。

「一昨年、カヌーの選手がライバルのペットボトルに禁止薬物を混入するという衝撃的な事件が起きた。汚い手を使い、自分よりランクが上の者を蹴落とし、2020年東京五輪の代表になりたいというのは、もちろん肯定はしないが、選手心理としては分からないでもない。自国開催の五輪のために『なりふりかまわず』という者は今後も出てくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る