スポーツ界相次ぐ醜聞 崩れ始めた「クリーン・ジャパン」

公開日: 更新日:

 日本を見る目がガラリと変わりそうだ。

 禁止薬物を摂取した広島のバティスタ(27)に対し、6カ月の出場停止処分が下った。広島といえば7月にも、緒方監督(50)が野間(26)の怠慢に見えた走塁に怒り、平手でたたくなどの暴力行為が発覚したばかりだ。

 選手のドーピングが、シーズンオフを含む6カ月の出場停止だけで済み、片や監督が選手を殴っても厳重注意で終わり。スポーツ界では、あってはならない事件の処分にしては、あまりに甘すぎないか。

「そう思います」と、スポーツライターの津田俊樹氏が言う。

「一昨年、カヌーの選手がライバルのペットボトルに禁止薬物を混入するという衝撃的な事件が起きた。汚い手を使い、自分よりランクが上の者を蹴落とし、2020年東京五輪の代表になりたいというのは、もちろん肯定はしないが、選手心理としては分からないでもない。自国開催の五輪のために『なりふりかまわず』という者は今後も出てくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る