田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

日本のメディアはいつから批判精神を忘れてしまったのか

公開日: 更新日:

 20日にラグビーのW杯が開幕する。サッカーもラグビーも〈同じフットボール〉なので近い間柄の親戚みたいなもの。せっかくの母国開催のW杯だ。世界最高峰の戦いを堪能したいと思う。  

 ラグビーはプレーしたこともスタジアムで観戦したこともないが、秋田県人としては常に身近な存在だった。そもそも秋田県は不思議なエリア。100万人にも満たない人口なのにサッカーは(母校の)秋田商、ラグビーは秋田工、バスケットは能代工と全国大会を制した高校が存在する(近年は低迷傾向にあるが)。

 秋田県内でエリアごとに〈すみ分け〉が出来ていたことがプラスに働いた。秋田市内や生まれ故郷の河辺郡(現在は秋田市に編入)は、サッカーをやっている小学生が多かった。ラグビーのレジェンド吉田義人氏が、8月にゲンダイ紙上で連載をやっていたが、その中に「小学3年生の冬にラグビーボールと出合い、両親に頼んでスクールに入れてもらいました」とあった。出身地・男鹿市はラグビーが盛んだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る