いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

W杯優勝カップは国王や大統領であっても触れてはいけない

公開日: 更新日:

 ワールドカップの宴がたけなわだ。開幕前には「日本にラグビーは必要ない」なんて言う人もいたが、日本戦以外の対戦カードのテレビ視聴率も悪くない。そこでコラムニストいとうやまね氏による連載「ラグビー四方山話」。第1回は優勝カップにまつわるアレコレをお届けします――。

 ◇  ◇  ◇

 ラグビーワールドカップの各スタジアム周辺駅には、巨大な化粧幕やモニュメント、歩道を飾るタペストリーが世界中のファンを出迎えている。

 そのモチーフのひとつが「ウェブ・エリス・カップ」。この金色の優勝トロフィーは出場20カ国のうち、たったひとつのナショナルチームの頭上に掲げられることになる。

 トロフィーは開幕前に各地を回ったが、富士山にも登っている。御来光と雲海をバックにした写真が実に神々しかった。 高さ47.2センチ、重さ4.5キロを運ぶのは、さぞかし大変だったに違いない。意外と知られていないことだが、ウェブ・エリス・カップは優勝経験者以外、直に触れてはならないという暗黙の了解がある。それは国王であっても、大統領であっても、である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る