日本バレーボール協会が嶋岡健治会長をクビに 無能トップお払い箱で期待される健全化

公開日: 更新日:

 いいキッカケだったかもしれない。

 日本バレーボール協会が13日、嶋岡健治会長(72)を解職した。2019年12月、ビーチバレー男子ワールドツアー(20年1月開催)に参加予定のペアがキャンセルを申し出たが、協会が期限内の申請を怠り、遅延による国際連盟からのペナルティー(罰金)を逃れる目的で選手の診断書を偽造。会長らはその事実を知っていながら会見で虚偽の答弁を繰り返していた。

 嶋岡会長は1972年ミュンヘン五輪で金メダル獲得に貢献。現役時代は甘いマスクで「プリンス嶋岡」と呼ばれた。その一方、組織のトップとしては疑問符が付き、15年に日本バレーボール(Vリーグ)機構の会長に就任するも、東京五輪直前の昨年4月に突然退任。内部では「無責任だ」との声も挙がっていた。17年に会長へ就任したバレーボール協会でも、“お飾り”同然だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷