日本代表は要警戒…サモアが仕掛ける“超危険”ラフプレー

公開日: 更新日:

「練習の中でタックルが高かったり、危険な場合はジェイミー(ジョセフ・ヘッドコーチ=HC)から指摘されているし、低く入ることを植え付けられている。(ペナルティーを取られるのは)心配していない」

 2日、予選プール3戦目となるサモア戦(5日=豊田スタジアム)に向けて会見したWTB松島幸太朗(26)が、日本代表のディフェンスに自信を見せた。

 日本は、ロシア戦(5個)、アイルランド戦(6個)と合わせて与えたペナルティーはわずかに11個。ここまで無用な反則からの失点は少ない。ディフェンス面では、大型の相手に対して2人によるダブルタックルで止めに入るなど、ルールとチームの規律に基づいたプレーでクリーンな戦い方をしている。

 そこへいくと次戦の相手であるサモアは日本と対極にあるチームだ。フォワード、バックスとも大型の選手を揃え、攻守とも強靱な肉体を生かした激しいプレーが持ち味だ。粗暴なプレーも目立ち、ロシアとのプール初戦ではCTBリーロがシンビン(一時退出)を受け、フッカーのマトゥウもイエローカードを食らった。ともに首への危険なハイタックルが原因で、国際統括団体のワールドラグビー(WR)から3試合の出場停止処分を科された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る