日本代表は要警戒…サモアが仕掛ける“超危険”ラフプレー

公開日: 更新日:

「練習の中でタックルが高かったり、危険な場合はジェイミー(ジョセフ・ヘッドコーチ=HC)から指摘されているし、低く入ることを植え付けられている。(ペナルティーを取られるのは)心配していない」

 2日、予選プール3戦目となるサモア戦(5日=豊田スタジアム)に向けて会見したWTB松島幸太朗(26)が、日本代表のディフェンスに自信を見せた。

 日本は、ロシア戦(5個)、アイルランド戦(6個)と合わせて与えたペナルティーはわずかに11個。ここまで無用な反則からの失点は少ない。ディフェンス面では、大型の相手に対して2人によるダブルタックルで止めに入るなど、ルールとチームの規律に基づいたプレーでクリーンな戦い方をしている。

 そこへいくと次戦の相手であるサモアは日本と対極にあるチームだ。フォワード、バックスとも大型の選手を揃え、攻守とも強靱な肉体を生かした激しいプレーが持ち味だ。粗暴なプレーも目立ち、ロシアとのプール初戦ではCTBリーロがシンビン(一時退出)を受け、フッカーのマトゥウもイエローカードを食らった。ともに首への危険なハイタックルが原因で、国際統括団体のワールドラグビー(WR)から3試合の出場停止処分を科された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る