楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

公開日: 更新日:

 石井GMは、「バントやスクイズの精度を高め、走塁を含めた先の塁への意識改革」を課題に挙げている。昨季は60だった二軍のチーム盗塁数を99と大幅に向上させるなど、就任初年度から手腕を発揮した三木監督を適任と考えたようだ。前出OBが言う。

「石井GMは昨年GMに就任した際、二軍監督としてイの一番に思い浮かべたのが三木監督だったといわれています。日本ハムヤクルトで10年間コーチを務め、西川遥輝中島卓也山田哲人の3人を盗塁王に育てた。ヤクルトコーチ時代の15年には、当時の真中監督の右腕として14年ぶりのリーグ優勝に貢献。この育成、マネジメントの手腕が高く評価された。それぞれの選手には球団が設けた育成の優先順位がつけられ、これを考慮した起用になるのは当然としても、今季の二軍の舵取りは三木監督にほぼ任され、GMに注文をつけられることもなかったそうです。一方で、2人はかつて、ヤクルトで同じ釜の飯を食っているものの、当時はバリバリのエースと若手の控え野手の関係。プライベートでの付き合いはほとんどなかった。だから『お友達』という感覚は一切なく、石井GMはあくまで三木監督の手腕を評価、一軍監督に抜擢したのです」

 常勝チームの構築を託された青年監督。東北のファンの期待は大きい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声